新型コロナウィルス対策のため、消毒・検温を実施しております。

2020中華街の元宵節パフォーマンス

2月8日は、元宵節です。 この日、横浜中華街で元宵節演出が開催されました。 当時の日本では、新型コロナウイルスのスプレッドに動揺していましたので、中華街はこれまでに比べて人が少なくなっていますが、この時この演出は開催されますか? 最終的に、主催者は通常どおり続行することを決定しました。 横浜中国芸術学校の教師と生徒が協力し、11人のダンスチーム、10人のバンド、3人のティーアート、3人の武術、合計27人が参加しました。 茶道、ダンス、武術、民族オーケストラを演出しました。 宋王朝のお茶の演奏者:鄭燕先生、張詩雨など 美人、ハンサムな男はお茶をすすめる。 民族オーケストラのパフォーマンス 武術のパフォーマンス 子供たちのダンス:フラワードラムライト、非常に美しいダンス、変化するフォーメーション、堅実な基本スキルで踊り、パフォーマンスを最高潮に押し上げます。 千鶴先生のモンゴル舞踊 校長とダンス教師の千鶴先生は、ステージ上の子供たちよりも緊張しています リードダンサー:笑笑さんはトレーニングの前にウォームアップ ステージ下の私たち 公演後、孔明灯籠で早くに新型コロナウイルスの終わりを祈って、みんなに幸せで健康な生活を送ってほしいと願った。