古琴教室

古琴、中国古来[琴棋書画]の一つ。漢代から伝わり、ユネスコ無形文化遺産に登録。心の静、精神の善をもたらす音楽として、人々に注目される。 初心者から上級者まで、古琴の基礎からわかりやすく教えます。ゼロから古琴を勉強できます。

見学:無料(事前予約)
1レッスン:50分
体験:1回限り4,400円

マンツーマン月謝制:
入門・初級8,250 円(月1回)、14,300円(月2回)、20,900円(月3回)、26,400円(月4回)
中級・高級 9,900円(月1回)、16,500円(月2回)、24,200円(月3回)、30,800円(月4回)

一対ニ月謝制:
入門初級 8,800円(月2回)
中級高級 9,900円(月2回)

一対三月謝制:
入門初級 7,700円(月2回)
中級高級 8,800円(月2回)

古琴講師:葉婷婷(ヨ ティンティン)

中国中央音楽学院民楽系古琴専攻。中国河南鄭州に生まれる。中国トップクラスの古琴演奏家である趙家珍氏に師事。2006年、香港国際“ハスカップ”銅賞を受賞。2008年中央音楽学院奨学金や特別専門優秀賞を何度も受賞。2012年にCCTV“千里共娟”の中秋番組の収録に参加し中国全土で放送される。2011年アメリカ第1回“華音杯”銀賞を受賞。2012年、第1回古琴コンテスト銅賞。2013年、アメリカ第2回“華音杯”金賞を受賞。2018年、優秀な成績で中央音楽学院を卒業。2019年東京芸術大学に入学。

古琴講師:杨茗茜(よう めいせん)

四川音楽学院(古琴専攻)卒業。曽河先生に師事。
卒業後、2019年に四川音楽学院大学院に進学、蜀派古琴の6代目にあたる曽成偉教授に師事。
現在は、中国民族管弦楽学会古琴専門委員会会員・四川省音楽家協会会員である。
「天聞閣琴譜」の「山居吟」・「佩兰」の古琴の楽譜を制作。
古琴独奏曲「西行随想」を作曲。

【イベント等出演歴】
2016年
・第三回中国琴会(杭州)古琴楽譜制作会
・武漢琴台音楽祭
「天聞閣琴譜」刊行140周年コンサート

2017年
・蟬鳴心声琴音楽会
2018年
・ロンドン第1回国際古琴芸術祭
・中国古琴春節連歓ガーラ (張家港)
2019年
・錦江琴社 創立40周年コンサート
・中国常熟第7回古琴芸術祭
2022年
・杜甫草堂博物館「草堂人日雅集」
・成都太古里×二十四伎楽『錦城入画図』収録
・英雄連盟×二十四伎楽『青花磁』のプレイヤー共同創作の収録
・シンフォニーコンサートにて楊暁忠教授作曲・李牧雨氏作詞『青城引・錦上繁花』の『青城剣気』古琴初演を担当

【受賞歴】
2016年度
・「川派古琴学会惜春雅集最優秀独奏賞」受賞
・第2回「元白杯」古琴招待試合プログループ銅賞

2017年
・ニューヨークHummingbirdイーストマン音楽学校 国際音楽祭及び第2回ニューヨーク国際華楽コンクールジュニアAグループ銅賞受賞

2022年
・「我们的声音上太空」ジュニアプロBグループ金賞
・第6回成都金芙蓉コンクール古琴グループ銅賞受賞

古琴講師:李維(り い)

中国四川省出身。
幼少期から古琴の英才教育を受ける。
中学生の頃、大叔父の指示に従い、広陵派に属する。謝孝萍先生の再伝弟子となる。
大学以降、文殊院の空林琴館に通い、地元の蜀派に入門。宋文庭先生の弟子となる。
その後、蜀派の六代目であり、非物質文化遺産伝承人(日本の人間国宝に相当)の曾成偉先生・鄧麗珠先生の指導を受け、蜀派の曲に取り組んでいる。
これまでの経験を活かし、広陵派の爽快飄逸・気韻生動と、蜀派の自由奔放・洗練素朴を融合し、オリジナリティ溢れる演奏風格を創り上げる。

2017年古琴を普及させるため来日。
講演や演奏活動を通じ、日本で古琴の魅力を伝えている。
2019年には、活動拠点を関東に移し、演奏会に加え、音楽教室を開講するなど、古琴の普及活動に従事しています。

教室の風景

※ 当日ご入会頂く場合は入会金(11000円)を半額とさせて頂きます。
※価格はすべて税込表示となっています。

講師募集へ